電話:0957-64-5077

〒855-0067
長崎県島原市上新丁1丁目4158-1
あんしんハウス島原1階

長崎県島原市の歯科・歯医者/インプラント/審美歯科/訪問診療/一般歯科/小児歯科/口腔外科/訪問診療/矯正歯科

矯正歯科



 
料金表 症例集
MOBILE SITE


 
まきまきブログ まきまき副院長ブログ まきまきスタッフブログ まき歯科を360度ご覧いただけます Nobel Smile インプラント・審美歯科・歯医者ならノーベルスマイル Straumann

お支払いに、各種クレジットカードをご利用いただけます。

詳しくは受付までお問い合わせください。

各種クレジットカード

クレジットカードをお持ちでない場合は、デンタルローンをご利用いただけます。

詳しくは受付までお問い合わせいただくか、各ローンのバナーをクリックしてください。

歯科治療費にも使える親和銀行のメディカルローン 歯科治療費に、安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン スマイルエイド

矯正歯科について

矯正治療は早く治療をスタートすれば良いわけでも、遅くスタートしても良いわけでもありません。
お勧めするのは、子供のころに検診等で指摘されなくても、一度矯正の専門医に相談してみると良いです。
症状によって、早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってから、ケース別に最適なスタート時期が変わってきます。

成人の場合でも、矯正治療は可能です。最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、口腔内の予防的な意義から、多くの方が矯正治療を行っています。

また、ご自身の引っ越し、転校などについても考える必要がありますが、当院では矯正治療を強制はしません。
歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非一度お気軽に相談にきてください。

矯正・嚙み合わせ担当歯科医師

副島 太悟

  • 神奈川歯科大学卒
  • 日本口腔インプラント学会専門医
  • 日本顎咬合学会咬み合わせ認定医
  • ICOI認定医
  • 歯科エックス線優良医
  • 長崎県摂食・嚥下リハビリテーション協力医

副島 隆太

  • 神奈川歯科大卒
  • 日本顎咬合学会咬み合わせ認定医
  • BPSクリニカル認定医
  • IPSG会員
  • ICOI会員
  • 日本口腔インプラント学会会員

井上 春奈

  • 長崎大学卒
  • 日本矯正歯科学会認定医

小原 悠

  • 長崎大学卒
  • 日本矯正歯科学会認定医

中村 琢也

  • 長崎大学卒
  • 長崎大学医歯薬学総合研究科矯正歯科学分野

不正咬合の種類

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

  • 開咬

    歯を噛み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。

  • 叢生

    歯並びがでこぼこしている状態のことです。
    「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

  • 空隙歯列弓

    歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
    いわゆる「すきっ歯」のことです。

  • 下顎前突(反対咬合)

    下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。
    いわゆる「受け口」のことです。

  • 過蓋咬合

    上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

  • 交叉咬合

    通常は上の歯が下の歯を覆っていますが、交叉咬合では上下の前歯、奥歯の何本かが交叉しています。乳歯咬合でよくみられるケースです。

上顎前突

上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。
いわゆる「出っ歯」のことです。

矯正治療の流れ

1.矯正相談の予約
 
2.矯正専門医による相談   月に2回(第1・2水曜日)
 *話を聞いてみて、するかしないかは、当日返事でも後日返事でも大丈夫ですので、歯並びが気になる方は気軽にご相談下さい。
3.資料どり
パノラマ(お口全体のレントゲン)・セファロ(お顔・手のレントゲン)・口腔内写真(現在の歯並びの写真)・顔写真・歯の型取り
4.矯正専門医による診断
患者様の資料をもとに専門医が分析し、どのような状態で、どのような治療が必要かお話があります。
*診断結果を聞いてみて、もう一度治療をするかどうするか検討してもらうこともできます。
5.保定治療スタート

パノラマ

歯や骨、顎関節の状態などさまざまな情報を得ることができます。

セファロ

  • 上下のあごの大きさ
    上下のあごのズレ
    あごの形
    歯の傾斜角
    口元のバランス

    など

  • 顔貌の対称性
    歯列幅
    関節の形
    咬合平面の傾斜

    など

  • 成長発育の段階を確認

    手の骨(足の骨)は成長に合わせて形、大きさを変えていくことが分かっています。成長の段階を知ることで、治療開始時期の決定や使用装置の効果を予測

矯正装置の種類

乳歯列期の矯正装置(子供の歯がある時期)

<可撤式装置>
<固定式装置>

永久歯列期の矯正(すべて大人の歯)

<可撤式装置>
<固定式装置>
 

プレオルソ(マウスピース型)


  • 初診時

  • 装置装着時

  • 治療途中

FKO(エフカーオー)

成長期に上顎前突にもちいて下顎の成長促進をおこなったり、前歯のかみ合わせが深い出っ歯の不正咬合などに効果的な成長期に使用する矯正装置です。


  • 初診時

  • 装置装着時

  • 治療継続中

TG(タンクガード)

原因開咬を舌を抑える柵のような装置で改善させる矯正装置。


  • 初診時

  • 装置装着時

  • 治療継続中

LA(リンガルアーチ)

歯の裏側にそったアーチにスプリングを接合し、スプリングの弾力を利用して歯を目的の方向へ動かします。



  • 初診時
  • 装置装着時


  • 固定中

Q.H(クワドヘリックス)

歯並びの曲線部である歯列弓の幅が狭いことが伴った、叢生(八重歯や、凸凹の歯並びなど)や、内側に傾いて生えた歯、奥歯のねじれの治療などに使用されます。
上顎と下顎の両方の歯列弓の拡大に使うことができます。 


  • 装置装着時

  • 装置除去時

拡大装置 

歯列を拡大する装置です。

インビザライン(マウスピース型の矯正装置)

ワイヤーや留め具を使用せず、ポリウレタン製のマウスピースを使って歯を正しい位置に動かしていきます。


  • 装着前

  • 装着後

D・B・S(ブラケット矯正・ダイレクトボンドシステム)


  • 初診時

  • 装置装着時

  • 治療継続中



咬合治療が終了した患者さんはこのような治療も見られています

咬合治療が終了した患者さんには口腔ケアの一環として下記の診療をご案内しております。詳しい内容をお聞きになりたい方はお気軽にご相談下さい。


ホワイトニング
Page Top