本文へ移動

歯科治療が苦手なあなたへ

歯科治療が苦手なあなたへ

  • 歯科治療に不安、恐怖心、不快感がある。
  • 治療中の嘔吐反射でなかなか通院できない。

そのような方には次の方法での治療を選んでいただけます。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法
≪方法≫
笑気ガスと酸素を混合し、鼻から吸入します。

≪効果≫
弱い鎮静作用・催眠作用と鎮痛作用があります。
笑気吸入鎮静法
≪特徴≫
意識のある状態でリラックスして治療を受けることができます。
甘い香りがし、小さな子供でも嫌がることはありません。
副作用もほとんどなく、吸入するとすぐに効果が現れ、止めるとすぐに回復するため非常に安全です。

※保険適用です。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法
≪静脈内鎮静法とは・・・≫
鎮静剤を静脈に注射することによって不安や緊張を軽減させ、リラックスして治療を受けることができる方法です。

≪方法≫
専門の歯科麻酔科医が心電図・血圧計による状態のチェックをしながら、点滴から鎮静剤を少量ずつ投与していきます。

≪効果≫
投与を始めてしばらくするとリラックスした状態になります。
この状態で手術を始めます。

≪特徴≫
全身麻酔とは異なり意識のコントロールのみのため、意識はあり会話をすることもできます。
歯科麻酔科医師 白石 直之
※鎮静法終了後は、鎮静剤の効果がほぼ消失するまで30分~1時間診療室などで十分休んでからの帰宅になります。
車の運転・重要な事項の判断、決断などは決してしないでください。
※静脈内鎮静法を併用した治療は、自由診療になります。
【 鎮静法に関して詳しくはスタッフにお気軽にお尋ねください 】











2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
☞都合により祝日は休診いたします。
まき歯科
〒855-0067
長崎県島原市上新丁1丁目4158-1
TEL.0957-64-8055
FAX.0957-64-8266

TOPへ戻る