本文へ移動

歯の根の治療

~マイクロスコープ~

歯科用マイクロスコープ(OPMI Pico/S100 カールツァイスメディテック社製)
歯科治療は見えないところで治療を行うことが多い医療です。これらを見えるようにする新しい道具の1つが歯科用マイクロスコープです。
歯科用マイクロスコープを使用し歯を拡大して見ることで、より精度の高い診断や治療を患者さんにご提供する事が可能となりました。
具体的には、肉眼でも拡大鏡でもまったく見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面など様々なお口の中の状態がまさに手に取るように確認することができます。
歯科用マイクロスコープの導入率は、アメリカで90%以上。日本での導入率はわずか数パーセントです。
マイクロスコープ
マイクロスコープ
マイクロスコープ
マイクロスコープ

マイクロスコープ拡大画像

マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
マイクロスコープ拡大画像
他の医院で治療の際に残ってしまった道具の破折片を来院時レントゲンで発見し、当医院でマイクロスコープを使い除去しました。
マイクロスコープを使い除去
マイクロスコープを使い除去
マイクロスコープを使い除去

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメント

ひびの入った歯を接着する

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメント
神経がなくなってしまった歯はもろくなり、歯にひびが入りやすくなります。小さなヒビであればMTAセメントで埋め封鎖し、細菌が入りにくい状態にします。

穴の空いた歯を埋める

歯の治療を何度も繰り返すと歯は薄くなり、穴が空いてしまうことがあります。穴が空いた部分から細菌が出入りし、歯茎が腫れたり、膿が出るのが繰り返されます。MTAセメントで埋めることによって、細菌の侵入を防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

歯根嚢胞の手術で根の先から穴を埋める

歯の根の治療では治らない歯根嚢胞(しこんのうほう)は手術で取る必要があります。その際、歯の根の一部を切断し、切断面にMTAセメントを詰め、根の中に残っているかもしれない細菌が出てこないように封鎖します。MTAセメントは生体の適合性や封鎖性も高いため、歯根嚢胞の再発を防ぐことができます。

WAVE-ONE(根管拡大装置)

WAVE-ONE(根管拡大装置)
神経の治療(根管治療)をする際に使用する装置です。
ファイルと呼ばれる針を電動で回転させ短時間で処置を終えることが出来ます。
少ない回数で、正確な根の治療を行います。











2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
☞都合により祝日は休診いたします。
まき歯科
〒855-0067
長崎県島原市上新丁1丁目4158-1
TEL.0957-64-8055
FAX.0957-64-8266

TOPへ戻る